太陽電池用部分影補償器を統合した
「部分影補償器統合型コンバータ」の開発

鵜野将年
(茨城大学 工学部電気電子工学科 准教授)

2015年5月28日木曜日

はんだ講習会と公開実験準備

 先日、研究室ではんだ講習会を行いました。学生は己の設計した回路を遅かれ早かれ自作することになるのですが、その時に重要なのがはんだ付けのテクニックです。はんだ付けは電気系の技術者や研究者にとっては必須のスキルです。しかし、一般の方々が思っているよりもはんだ付けの技術は実は難しいものなのです。良いはんだ付けというのは、はんだの表面に光沢があり、使用するはんだの量も少ないものです。それに対して、悪いはんだ付けというは一般的に「いもはんだ」と呼ばれ、はんだの量が多くもっこりしていて表面もざらざらです。いもはんだで接続された回路は接続状態が悪く、長期使用の場合は高確率でトラブルを起こします。なので、早いうちにはんだのスキルを身に着けておくことで先々の研究をスムーズに効率的に進めることができるようになります。

 この写真は学生たちが顕微鏡カメラを使ってはんだ付けの練習をしている風景ですが、やはりいもはんだの連続です。季節外れのいもの大量収穫状態でした。比較的見栄えのいい‘じゃが’いもはんだ、長細い‘さつま’いもはんだ、更には三面記事でたまに見かけるお化けカボチャのようなメガ盛りいもはんだ等、秋の収穫祭を5月に感じることができました。ですが、はやり数をこなしていくうちに慣れてきており、数か月後に回路を自作する頃には満足のいくはんだ付けができそうな予感です。
 話は変わり、今週の日曜日に「こうがく祭」と言う、いわゆる工学部のオープンキャンパスのようなイベントが茨城大日立キャンパスであります。ここで、研究室見学に来た学生たちに太陽光発電システムにおいてコンバータ(電力変換器)がどれだけ大事な役割を担っているかを理解してもらえるような実演実験を予定しています。あいにく僕自身は国際会議の予定があり参加できないので、4年生の学生4人で対応してもらうことになりました。そのための準備や予行演習を慌ただしくやっていますが、学生たちにとっては準備や予行演習を通じて学ぶことがとても多く、この類のイベントはいい経験と刺激になっていると実感します。

2015年5月11日月曜日

ブログ始めました

茨城大学の鵜野と申します。今年度、国際科学技術財団より研究助成をしていただけることになり、同時にこのブログも始めることになりました。よろしくお願いします。
先日の4月には研究助成贈呈式に参加させていただき、同年代で他分野の研究者の方や審査員の方たちとの懇親会もありました。今回の研究助成は資源・エネルギー・社会基盤の枠でいただきましたが、普段は電気エネルギーのことくらいしか考えない自分にとっては刺激的な意見交換会でした。
さて…私は去年の10月に大学に赴任してきたばかりで、まだまだ研究のための環境が整っていません。しかしそうとは言っておられず、4月からは4年生が研究室に加わったので、だましだまし進めていっているところです。今までのところ、前の職場から拝借している装置、同じ学科の先生方から譲っていただいた机と椅子、デモバージョンのフリーのシミュレーションソフト、などなど自力以外で入手したもので溢れています。しかし、学生のための什器もたくさん必要なので経費節約のため軽トラでホームセンターと大学を数知れず往復してきました。サラ金に手を出す人の心境が徐々に理解できるようになってきていた最中、研究助成採択の通知があり現在に至っています。藁にもすがる思いとはまさにこの事、今回の研究助成をとてもありがたく感じています。


既に5月になってしまいましたがゴールデンウィークもあったので先月からの進歩は乏しいですが、月末までに国際会議論文2本の執筆、来月頭には別の国際会議での口頭発表も控えているので、連休ボケを早く覚ましてやっていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

鵜野将年
http://info.ibaraki.ac.jp/Profiles/28/0002703/profile.html