太陽電池用部分影補償器を統合した
「部分影補償器統合型コンバータ」の開発

鵜野将年
(茨城大学 工学部電気電子工学科 准教授)

2015年12月17日木曜日

姫路飾西高校でのやさしい科学技術セミナー

 母校である姫路飾西高校でやさしい科学技術セミナーを行ってきました。久しぶりに母校を訪れて驚かされる点がたくさんありました。まず、生徒たちのマナーが極めてよく、校内ですれ違う生徒たちが皆「こんにちは」と声をかけてくれる、まるでジブリ映画のモデルになっているような良き時代の爽やかな学校になっていました。また、在学していたころは弱小の部活動が多かったのですが、今は強豪部も多いようで「近畿大会出場」のような幕が校舎の壁にいくつか掛かっているのが印象的でした。制服や学校周辺の風景はほとんど変わっておらず、当時の姿を残したまま大幅にレベルアップした高校になっていました。

 セミナーに関しては、母校での講演ということもあり、まずは長めの自己紹介から入り、続いて講演本編、最後に茨城大生による実演という流れです。パワーエレクトロニクスという一般の人には馴染みのない電気工学に関する講演内容ということもあり、高校生にとっては取っつきにくくイメージの難しい内容だったと思います。高校生を対象とした講演なので普段の大学での講義や学会発表とは勝手が違い、卓球選手が普段打ち慣れているスマッシュを封印して卓球をやっているような感覚での講演でした。言葉を慎重に選んで説明したつもりでしたが、講演中の生徒さんの表情から察するに伝わっていない部分も多く、もう少し別の伝え方があったかなと反省する点が多々ありました。
 セミナー最後部分では茨城大生2名(篠原俊樹君、杉山一希君)が立派な実演をやってくれました。具体的には、太陽電池模擬電源とパワーエレクトロニクス回路を組み合わせて太陽電池が有効利用される様子を紹介する実演内容だったのですが、受講生徒さんたちの眠気もふっとんでいたようで、僕の講演本編よりもはるかに有益な内容だったと思います。セミナーの1週間前に何度か行った予行演習では失敗続きで実演回路を何度も破壊してしまうという散々な状態でしたが、本番では見事に初成功を収めてくれました。実演をやるという責任感から二人で何度も事前練習を重ね、実演を通じて成長してくれたことは今回のセミナーの大きな収穫でした。



 最後にセミナー開催にあたってご尽力いただいた財団の方々、姫路飾西高校の先生方、ありがとうございました。

2015年12月10日木曜日

やさしい科学セミナーの実演準備とラジオ収録

 やさしい科学セミナーの開催が来週にせまり、今週は実演の準備をしています。パワーエレクトロニクス機器と模擬太陽電池を用いた実演で、パワエレ技術によって太陽電池が有効利用される様子を高校生に感じてもらう予定です。実演は普段の研究室での実験とは勝手が違い、手際と見栄えが大事になります。研究室の学生と実演の練習をしてみましたが、セットアップに時間が掛かりすぎて変な間ができてしまったり、ケーブルが絡み合って見栄えの悪い実演になってしまいました。お手本にすべきはおしゃべり3分クッキングです。手際よく、見栄えよく、省くべきところは省いて重要な部分はしっかりと伝える、口頭説明を交えて間をつなぐ、そんな実演になるよう練習中です。2名の学生(篠原君、杉山君)のがんばりもあってなんとか及第点レベルにはなりそうですが…



 話は変わり、昨日、学内でラジオの収録をしてきました。FMひたち「ぴたっとラジオン」という番組で、番組内の「そうだ教授になろう」というコーナーでのゲストとしての参加です。このラジオ番組は基本的には有志の学生が運営していて、事前打ち合わせや収録なんかも学生が行っています。佐藤千那さん(茨城大学工学部メディア通信工学科3年)が打ち合わせや収録を担当してくれましたが、社会人勝りのとてもしっかりとした段取りで対応してもらい、とても感心しました。12/17と12/24の2週に渡っての放送です。