太陽電池用部分影補償器を統合した
「部分影補償器統合型コンバータ」の開発

鵜野将年
(茨城大学 工学部電気電子工学科 准教授)

2016年5月22日日曜日

こくがく祭(オープンキャンパス)

5月22日(日)に茨城大学日立キャンパスでこくがく祭(オープンキャンパス)が開催されました。当研究室では、定番の研究説明に加えて、研究室で力を入れて開発している「太陽電池用部分影補償器」の実演も行いました。実演内容は、去年12月に姫路飾西高校で行った「やさしい科学セミナー」と類似のもので、オープンキャンパス用の短縮バージョンです。実演については4名の4年生の学生が主体的にやってくれましたが、M1学生の丁寧なアドバイスのおかげもあり、とてもスムーズにこなすことができました。見学者が来る度に丁寧に説明し、回数を重ねるごとに饒舌になり、最後の方には一人漫談もできそうな勢いの学生もいました。やはり先輩の力は偉大です。遠くの教員より近くのM1といったところでしょうか。確かな成長の見られたオープンキャンパスでした。