太陽電池用部分影補償器を統合した
「部分影補償器統合型コンバータ」の開発

鵜野将年
(茨城大学 工学部電気電子工学科 准教授)

2017年8月14日月曜日

バングラデシュのRajshahi University Engineering & Technologyを訪問

夏休みを利用してバングラデシュに旅行に行ってきました。
首都のダッカはどこに行っても人だらけ、道路はリキシャー(三輪車)や圧縮ガスで動くオート三輪、馬車や荷押し車など、人と乗り物で溢れかえっていて無秩序というほか無く、さすが世界一の人口密度の国だと感じます。

そして、地方都市ラジシャヒに足をのばしてRajshahi University Engineering & TechnologyのRabiul Islam教授を訪問しました。
南アジアの国の大学を訪問するのは初めてでしたが、構内に水牛がいたり無数のリキシャーが走っていたりと、この国ならではの光景が多数でした。
彼の進めている研究プロジェクトの紹介に加えて、実験室や講義室も覗かせてもらいました。
やはり日本と比べると設備は不十分かつ老朽化していましたが、学生たちは礼儀正しくまじめで、スマホ漬けになっている日本の貧弱な学生にとっては学ぶべき点はとても多いと感じました…
学生の男女比は7:3ほどらしく理系の女子離れが深刻な日本とは対象的です。
学内に寮があり1部屋4名ほどで共同生活をしているそうです。



インフラが整っておらず一日に何度も停電が発生する貧しいバングラデシュですが、日本よりも進んでいる部分もありました。
ダッカ以外の街中を走っているリキシャーの半数以上が電動で、街中の排気ガスがイメージよりもはるかに少なくなっています(しかし、道路が舗装されていない地区や陥没している場所が多く、埃だらけなので空気自体は澄んでいないのですが)。
誰かが「バングラデシュの電動車両普及率は世界一」と言っていましたが、納得できました。
町中に充電スタンドがあるようで(なかなか発見できませんが)、色々と学べる点が多い国です。


0 件のコメント:

コメントを投稿