太陽電池用部分影補償器を統合した
「部分影補償器統合型コンバータ」の開発

鵜野将年
(茨城大学 工学部電気電子工学科 准教授)

2017年9月6日水曜日

電気学会東京支部学生研究発表会に参加、4年生の学生が受賞

東京工業大学で開催された電気学会東京支部学生研究発表会に4名の4年生と2名のM1と共に参加しました。
6名全員が学会発表デビューでしたが、厳しい質問にも耐えられるよう事前に数十個の想定質問を準備し万全の状態で発表会に望みました。
そして4年生の吉野功司君が優秀発表賞を受賞しました、初打席初ヒットです。
練習の段階では他の誰よりも練習不足で心配な点が多々あったのですが、土日返上で準備不足を挽回して受賞に至ったようです(ビギナーズラック感がありありですが)。
緊張のせいか発表中に体が若干揺れて上体が安定せず、質疑応答でもファウル的な回答をしてしまう場面もありましたが、全体としては芯を捉えた発表ができたようです。
他の4年生達も上々でデビュー戦としては100点に近い発表ができており、むしろ受賞した学生よりもすばらしい仕上がり状態でフルスイングしてくれました。
惜しくも受賞には至りませんでしたが近い内にホームランを打つことを確信できました、電気工学の清宮です。
全盛期のイチローでも打率は3割強です、めげずに地道に研究に取り組んでくれたら当研究室は電気工学の智弁和歌山になれます。
私の浅い野球の知識ではこれ以上は例えようがないので、このくらいにしておきます。
4名の4年生と2名のM1

受賞した4年生の吉野功司君

0 件のコメント:

コメントを投稿