太陽電池用部分影補償器を統合した
「部分影補償器統合型コンバータ」の開発

鵜野将年
(茨城大学 工学部電気電子工学科 准教授)

2017年11月20日月曜日

15名の学生が研究発表会に参加、3名が受賞

11月18日に日立市で開催された電気学会茨城支所研究発表会で当研究室の院生11名と学部生4名が発表を行いました。参加人数が多い分、こちらとしては発表練習に深く付き合うことはできませんでしたが、学生同士で練習を行い切磋琢磨して望めた研究会となりました。M2の篠原俊樹君、M1の佐藤祐介君、B4の佐藤颯人君が優秀発表賞を受賞しました。3名が受賞したということでとてもうれしいのですが、昨年と同じく受賞を逃した学生達の嫉妬と失望がありありと出ていました。受賞した3名はモチベーションも上々ですが、やはり受賞しなかった学生達のモチベーション低下防止策が必要です。発表会後にしばらく休む宣言をする学生が複数いましたが、同い年の社会人はイベントが終了したからといって会社をしばらく休むなんてことはできません。高校生ですら、土日に開かれる部活の練習試合が終わったからといって学校をしばらく休むなんて発想に至りませんし、毎日朝の8時台に登校します。以上のようなことを学生に伝えると、さすがに月曜から登校している学生が多くほっとしました。


これからは卒論・修論の冬に突入です。更には、来年に参加予定の国際会議の執筆を開始する時期でもあります。こんな大事な時期に気を緩めてしばらく沈没するわけにはいきません。不沈艦となるべく、今週から学生達は英語学習と論文執筆に精進します。

0 件のコメント:

コメントを投稿