太陽電池用部分影補償器を統合した
「部分影補償器統合型コンバータ」の開発

鵜野将年
(茨城大学 工学部電気電子工学科 准教授)

2018年6月1日金曜日

国際会議IPEC Niigata ECCE-Asiaに参加しました

3月に研究室の第一期生が卒業して2ヶ月が経ちました。
卒業生が残していった良い文化と悪癖の両方を引き継ぎつつ、現在は新しい学生が研究室に加わり総勢で学生17名体制となりました。
第一期生は先輩不在の状態で育ったので自由奔放のいわば半無法地帯の状態でしたが、今は徐々に秩序とルールが形成されつつあり後進国から新興国へと変貌していっているような感じです。
装置のマニュアル作成、先輩が分担制で新4年生をトピック単位で指導する仕組み、そしてオンライン英会話の受講料支援など、研究室のシステムが出来上がりつつあります。

新潟県で開催されたパワーエレクトロニクスの国際会議IPEC Niigata ECCE-Asiaに参加してきました。
M2の学生は就職活動で忙しいということで今回は単身で参加し、2件のオーラル発表を行いました。
自分自身のプレゼンの発表準備をしつつ、茨城に残っている学生たちの論文投稿期限が迫っており論文の添削も行わなければいけなかったので、地獄のように忙しい学会参加となってしまいました。
張り切って2件の発表申し込みをしたことを後悔しつつもプレゼンの準備をしましたが、人間は追い込まれるとすごい力を発揮できるもので、まるで受験生のような記憶力と集中力で何とか準備を済ませ無事にプレゼンを終えることができました。
このように追い込まれて集中力を発揮する経験を重ねていけば、僕もいつかは見聞色の覇気を使えるようになる日が来るかもしれません。



そして、今回の国際会議参加で最も嬉しかったことですが、これまでの研究業績が評価され、Isao Takahashi Power Electronics Awardという非常に栄誉ある賞を頂くことができました。
人生はつらい事もあれば良い事もあるのだなと、しみじみと感じました。
バンケットで受賞式が行われ、とても大勢の重鎮の先生方の前で英語のスピーチをするという貴重な経験もできました。
オーラル発表よりもよっぽど疲れました。


そして、バンケット翌日には茨城で午前中から講義があったので、受賞式が終わったら直ぐに終電で帰路につきました。
しかし、茨城までは終電がなかったので、栃木の小山で一泊です。
大雨の中、ずぶ濡れになりながら辿り着いたホテルは昭和感丸出しの部屋で、自分に霊感があれば確実に何かが見えていたと思います。
ホテル到着は午前1時、翌朝は5時台の電車で帰宅です、まるで苦学生の生活リズムです。
人生は良い事もあれば再びつらい事もあるのだなと、しみじみと感じました。

後日、お世話になっている企業の方から豪華なお祝いの花をいただきました。
やはり、人生はつらい事もあれば良い事もあるものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿